飲食店専門ホームページ制作プラン

【WordPressプラグイン】SEO SIMPLE PACKの使い方

こんにちは。代表の銀河(@ginga_noguchi)です。

WordPressでつくったホームページにSEO対策を施すプラグイン「SEO SIMPLE PACK」の設定と使い方についてご説明します。定番プラグイン「All in One SEO Pack」よりも簡単に必要な設定を行えるのでおすすめです。

WordPressテーマ「SWELL」と同じ開発者ということも安心感があります。

目次

SEO SIMPLE PACKとは

SEO SIMPLE PACKはWordPressで作成したホームページにSEO対策を行えるプラグインです。SEO対策の定番として有名なプラグインは「All in One SEO Pack」や「Yoast SEO」がありますが、国産プラグインでシンプルかつ必要な設定を簡単に行えるこちらが圧倒的におすすめです。

SEO SIMPLE PACKの主な機能
  • 国産プラグインなので設定画面が完全日本語対応
  • SEO対策に必須のmetaタグ、インデックスの有無が記事ごとにも簡単に行える
  • アナリティクスやサーチコンソールの設定も超簡単
  • OGPタグ、Facebook,Twitterの設定もできる

SEO SIMPLE PACKのインストール手順

STEP
プラグインの追加画面へ進む

ダッシュボードから「プラグイン」⇒「新規追加」をクリック

STEP
SEO SIMPLE PACKをインストール
  1. 右上の検索窓に「SEO SIMPLE PACK」と入力
  2. 自動で候補が出るので、SEO SIMPLE PACKプラグインの【今すぐインストール】をクリック
STEP
プラグインを有効化する

インストールするだけでは起動しないので【有効化】させます。

SEO SIMPLE PACKの設定手順

それではSIMPLE SEO PACKの設定方法をご説明します。プラグインを有効化するとダッシュボードに「SEO PACK」という項目が追加されるのでクリックします。

SEO SIMPLE PACKの基本設定

STEP
meta情報を理解する

基本設定ではサイト全体(主にトップページ)のmeta情報の設定ができます。meta情報とはクローラー(検索エンジン)にサイト情報を伝えるタグのことで、「このサイトは何のサイトなのか」を通知する非常に重要な項目です。

「このサイトが何のサイトなのか」がクローラーに伝わらないと検索キーワードでヒットしませんからね。

例として弊社のホームページを見てみましょう。検索キーワードにヒットすると上記のような表示になります。

ここに何の情報を表示させるかがいかに重要かわかると思います。

STEP
サイトタイトルとサイトキャッチフレーズの設定

サイトタイトルとキャッチフレーズはプラグイン内ではなく、WordPressの設定情報を引き継ぎます。WordPressの設置個所はダッシュボードから「設定」⇒「一般」へ進みます。

STEP
WordPressの一般設定

サイトのタイトルとキャッチフレーズを入力します。

今回は例としてこのように設定してみます。

STEP
必ず変更を保存する

ページ下部の【変更を保存】ボタンをクリックします。これでSEO SIMPLE PACK側にも設定されます。

STEP
ホームページの説明は120文字以内に簡潔にまとめる

続いてホームページの説明を入力します。

検索結果にこのように表示され、上記のように120文字以降は「…」に省略されてしまいます。

ちなみにスマホからだとさらに短いです。前半が非常に重要ですね。

文字数を数えるには文字カウントのようなサイトが便利です。

STEP
キーワードは空欄でOK

重要そうに見えるキーワードは現在「SEO効果はない」と言われています。よくインスタグラムのハッシュタグのように大量につけている方がいますが、ここは空欄でOKです。

STEP
特殊ページ設定

このままでOKです。

SEO SIMPLE PACKのGoogleアナリティクス設定

次にアナリティクス(アクセス解析)の設定を行います。

STEP
トラッキングIDをコピー

アナリティクスにログインして該当サイトのプロパティを開き、トラッキングIDをコピー

STEP
トラッキングIDをペースト

トラッキングIDの箇所に「UA-○○○○〇-△」の形のIDをコピペして【設定を保存する】をクリック

Googleアナリティクスアカウントの作成方法

アナリティクスアカウントがまだできていない場合は以下のステップで作成してください。

STEP
アナリティクスのアカウントを作成する

アナリティクスのページにアクセスし、【無料で設定】をクリック

STEP
アカウントの作成

アカウント名に店舗名や屋号、会社名など任意のアカウント名を入力し、【次へ】をクリック

STEP
設定の対象を選択

ホームページのアクセスを解析するので【ウェブ】を選択し【次へ】をクリック

STEP
プロパティの設定
  1. ウェブサイトの名称:店舗名
  2. ウェブサイトのURL:https://を選択してURLを入力
  3. 業種:業種(ここではフード、ドリンク)を選択
  4. レポートのタイムゾーン:日本を選択
  5. 入力を終えたら【作成】をクリック
STEP
利用規約に同意

利用規約の同意箇所にチェックを入れ、【同意する】をクリック

SEO SIMPLE PACKのウェブマスターツールの設定

ウェブマスターツール(現在はサーチコンソールといいます)はホームページのサイト診断を行ってくれるツールです。

  • インデックスは正しく行われているか
  • クローラーはきちんと巡回してくれているか
  • サイトの構造に問題はないか
  • 内部外部リンクの状態

といったサイトの状態を確認できます。もちろんこれもGoogl;eアカウント1つで無料で利用できます。

このサーチコンソールの設定を行うのに「所有権(サイトが本当にあなたのものか)」の確認をする必要があるのですが、これが若干面倒だったりするんです。ですが、このSEO SIMPLE PACKを使えば非常に簡単です。

STEP
プロパティタイプの選択
  1. ドメインが本当は楽そうなのですが、うまくいかないことが多いのでサイトごとに設定する「URLプレフィックス」を選択します。
  2. URL(https)を入力
  3. 続行をクリック
STEP
確認完了

あっという間に所有権の確認が終わりました。

OGP設定

次にOGPの設定を行います。OGPとは「Open Graph Protocol」の略で、FacebookやTwitterなどのSNSでサイトがシェアされたときに、そのページのタイトルや概要、アイキャッチ画像などを表示させる機能です。

例えばFacebookで「【飲食店HP自作講座】完全初心者対応WordPressの始め方マニュアル」の記事をシェアされた場合、URLが入力されただけで上記のようにアイキャッチ画像が表示されます。

反対に画像が表示されないとこんな感じに。全然印象が違いますよね。

OGPの基本設定方法

STEP
OGP用の画像をアップロード

ここで設定した画像はサイトのトップページや、アイキャッチを設定していないページがシェアされたときのデフォルト画像になります。店内や料理、またはオーナー自身などメインとなる画像を設定してください。

STEP
画像の選択画面が開くので
STEP
画像を選択して決定

画像をドラッグ&ドロップしてアップロードし、【画像を決定する】をクリック

STEP
設定を保存する

OGPのFaceebook設定方法

STEP
必要事項を入力
  1. FacebookページのURLを入力
  2. FacebookアプリのIDを入力
  3. Facebookの個人アカウントのIDを入力
  4. 入力を終えたら【設定を保存】をクリック
  • Facebookページの開設方法
  • FacebookのアプリIDの取得手順
  • Facebook個人アカウントIDの調べ方

OGPのTwitterの設定方法

STEP
必要事項を入力
  1. TwitterアカウントのID(@○○)を入力
  2. カードタイプ:どちらでもOK(ラージがおすすめ)
  3. 入力を終えたら【設定を保存する】をクリック

ご不明な点はご質問ください

制作費用は無料。月額7,900円~できるHP

制作費高い、維持費高い、更新できない、古い、ダサい、問い合わせこない……一般的なWeb制作を脱却する新サービス。最高のコストパフォーマンスを保証します。

初期費用49,800円が今なら無料

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

野口 銀河のアバター 野口 銀河 代表取締役

PC11株式会社代表取締役。鉄板焼レストラン&バー『葉山』を経営してます。大学2度中退→ホームレス→DJ→Web制作・ブロガー→法人設立。地元の飲食店が大金をかけずネットでも集客できるようホームページの自作・集客方法などを発信しています。コロナに負けるな沼津の飲食店。

目次
閉じる